SNSの種類とそれぞれの特徴を解説

SNSサービスの種類と特徴について

>

各種SNSサービスの特徴についてお教えします!

実名SNSの元祖「Facebook」

Facebookは匿名が主流であったインターネット、SNSの交流で初めて、実名でさまざまなプロフィールの提示を義務化したSNSです。
ユーザーの利用者数は世界では21億人、日本では約2800万人、利用者の年齢層は30代~40代の男性が中心で、投稿のスタイルは、テキスト、テキストと画像、テキストと動画などです。
主な利用目的は実名登録なので情報に信頼性があるので、主な利用方法はビジネスが多く日本でも企業、個人授業者などが多く利用してます。
またSNSマーケティングでも広告や宣伝活動の成果が予想でき、同時にマーケティングでも年齢、性別、職業が把握された良いデータが取れるのがFacebookだと言われています。

仕事専用SNS「Likedln」

Linkedlnはアメリカで中心に用いられている、ビジネス専用SNSです。
特徴はFacebookが実名、年齢、性別、職業、などのプロフィール公開していますが、Linkedlnは資格、職歴など仕事に関する全ての情報が公開されていて、まるで履歴書のようです。
ユーザー数は世界で5億人、日本では200万人が利用、利用者はほぼ全員が仕事のために利用してので年齢層は20代以上です。

主な利用目的はネット上で職歴のプロフィールを提示して、オファーを受けたり、ビジネスパートナーを探したりする事に利用され、最大の利用国アメリカでは、営業は商談の訪問前にLinkedlnで相手のプロフィールを探して、プレゼンの対策を作成するのが常識になっている様です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る