SNSの種類とそれぞれの特徴を解説

SNSサービスの種類と特徴について

>

善行も悪行も瞬く間に広がる拡散系SNS

つぶやく「Twitter」

Twitterの特徴は140文字の短文を投稿する、つぶやき(ツイート)で他者と気軽に交流するSNSサービスです。
ユーザー数は世界で3億3500万人、日本国内では4500万人が利用しています。
ユーザーの利用者層は10代、20代が多く年代が上がるにつれて男性の利用者の割合が増えていきます。
特徴としては、その情報の拡散スピードの速さと広がりが特徴です。
その為、個人がなにげなくつぶやいた、良い話などがあっという間に拡散して世界のTOPニュースと並んだり、反対に個人の偏った意見が批判されながら拡散していくと多くの人から避難を浴びる炎上と呼ばれる状態になる事も多いSNSです。
つぶやきは考えて行う必要があります。

ブログとTwitterの融合Tumblr

Tumblrをわかりやすく表すと、ブログ+Twitterもしくは「長文が書けるTwitter」だと言えます。
基本的な使い方としては、文章、画像、動画、など気に入ったコンテンツを投稿してい行くというスタイルで使い方を見るとブログ+Twitter+Instagramと言えるかもしれません。
またTumblrの特徴としては自分のページのホームのテンプレートが大量に用意されていて、写真や画像中心ならば、高画質の写真が映えるテーマだったり、多くの写真が並ぶにぎやかなテーマを選んだり、テキストを中心にしたい場合は文章が読みやすいテーマを選ぶこともできます。
この様に自分専用にカスタマイズできるSNSなので、「もっと長文でSNSをやりたい」、「インスタグラムよりも自分の世界観を表現したい」など今までのSNSに物足りなさを感じてきたユーザー達が選ぶSNSだと言えます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る